「好きなスタイルで仕事する」と満足度が高いのかなーと思う。

何が君の幸せ
何をして喜ぶ
分からないまま終わる
そんなのはイヤだ

 

このアンパンマンの歌、めっちゃ刺さります。。^^;

私は会社をやめて、今は自営で生きてますけれど、、なんか結局生計を立てられてるかというと、時期による、、って感じで、ダンナの収入に依存してる時期も多いです。本当は、自分の力でずっとしっかり自立したいんですが。。

 

そのためには、稼げそうなもの、ではなく、やっぱり自分の好きなことをやった方がいいのかな・・と思いまして。。そういうこと、よく考えます。。

雑貨好きだから、仕入れてネットで売ったりしてみたけど、、そんなに収入にならなくて、「でも私これ好きだから続ける!」ってならなくて、どうもそこまで好きじゃなかったみたい。で、撤退。

そしたら、私は結局「稼げることが好き」なんかな?とか、よく分からなくなってきて。。

次はリサイクルの店やったんですが、それは別にそんなに好きでも興味があったわけでもないけど、一応しっかりごはん食べられるぐらい収入があったから、その部分は満たされてたから、まあ、、って感じだったし。でも結局2年で撤退。

 

そっからは迷走しつづけて今に至る、という感じです。

 

「好きを仕事にする」とか流行ってますけど、、「そもそも私が好きなことって何だ?」って。

「ねえ、好きってなんだっけ・・」って林檎ちゃんも歌ってますけど。

 

で、考えたり、試したり、試行錯誤。

いろいろやっていく中で、気付いたのは・・

「その「スタイル」や「作業」が好きなら満足度が高いのでは?」ということ。

だから「この作業は好き」とか「このスタイルは好き」っていうのを追求していくのがいいのかな、と思います。

 

たとえば、サイト作成&広告収入だと、私は「スタイル」でいうと「マイペースでできるから好き」なんです。

納期とかにしばられずに自分のペースでできるし、PC1台あればどこででもできるし。

あと「作業」でいうと、「一人でできるから好き」なんです。

文章かくのも好きだし、サイトのカスタマイズも好きだし。1人でモクモクは割と好きだし。みんなでチームで働くより。

そうすると、満足度が高いような気がします。

 

好きなものってホントはあるはずだけど、見えなくなってるだけなんですよね~。。

夜空に星はあるけれど、雲で見えなくなってるだけ、、みたいな。。

(これ誰が言ってたんだっけ、マヤだっけ、、詩織さんだっけ)

 

その雲を払う作業が、私の場合は、本を読んだり、文章を書いたりして、自分を発見していくってことなのかな~と思います。

あ、それから実際に行動してみるっていうのが一番早いし、分かりやすい。撤退も1つの結果だから。やらずに考えてるよりは、いいよね。

人によっては他の人と話すことで発見したりするかもしれませんね。

私は「内省」が強いので、一人で考えるのがすごく好きで、自分で発見して行動して、納得していくタイプみたいです。

 

 

自分の好きを見つける方法として、このストレングスファインダ―のテストは、やってみてよかったな、と思いました。

あとだーっと文章かくのも、たまに知らない自分に出会えるので楽しいです。

 

 

 

不労所得好きな私ですが、不動産投資にトキめかない理由は?

◆不労所得といえば不動産だけれど・・?

私、不労所得ラブなんですが、不動産にはトキめかないんですよね。。

金持ち父さんでは、キャッシュフロー不労所得の代表例として、「不動産投資」の話がよく出てきますね。

私はこの本が好きで影響をうけて、フランチャイズビジネスや、FXや株は始めたのですが、不動産投資はやっていません。

将来的にもしかしたらやるかもしれませんが、今のところはあまり積極的に勉強はしていません。

「あれ?私ロバキヨファンなのに、どうして不動産投資やってないのかな・・?」と、ふと思いまして。。

不動産投資について乗り気じゃない理由を、感覚的に思いつきであげてみました。

 

理由1 「何となくしばられるようでいや・・。」

不動産を持っていると、何となくしばられるような気がするんです。。大家さんとしての責任が増えるような。。

ほんと感覚的なものなんですが・・

 

理由2 「自営業なのでローンが借りられない気がする」

私は自営業なので、たぶん不動産のローンが下りないと思います。

(あ、そういえば、iPhoneの端末代のローンですら、私だけではダメで旦那の信用力を借りました^^;)

だから、不動産ローンなんてとても下りないような気がします。

それでお金を借りるために色々労力が大変そうだなーと思うし、、なんとなく私にはもっと行きやすい道があるような気がします。

 

理由3 「金額が大きい」

最低でも300万から500万円ほど要りますもんね。

金額がちょっと大きいかなあ~・・と二の足を踏んでしまいます。

ローンでもいいんですけれど、、最初はキャッシュがいくらかあった方がいいなと思います。。心の余裕にもなるでしょうし。。

ボロ物件リフォームとかで300万円ぐらいあればできるとか聞きますけれど、、ボロ物件だと環境がいまいちっぽいから、住む人もややこしそう・・とか思っちゃってねえ・・。

 

理由4 「値段交渉がニガテ」

不動産って指値したり、さされたりするじゃないですか。

交渉で値段が決まるという。。あれがニガテなんです。。

なんかこうーーお互いの探り合いが、めんどくさいっていうか。。

それが楽しいっていう人もいますけどね。

フリマとか外国の買い物で、値切ったり、値切られたりするのが好きな人は向いてるかもしれませんね。

私そういうのがあんまり好きじゃないんです。

なんかめんどうで。。^^;

定価で買い物する方が好き・・。だから株とかはラクですね。。

 

理由5 「売りにくそう」

株やFXと違って不動産は流動性が低そうですよね。。

売りたいときに売れなさそうだな~という感じがします。

株やFXのポジは損切りできますが、損切りさえもできなさそう。

「売れない」という状況がちょっと負担になりそうで。

 

理由6 「だんなも乗り気じゃない」

だんなは会社員なのでローンは借りられると思うんですが、だんなもいまいち不動産投資には乗り気じゃないんですよね~。。

 

 

・・とまあ、書いてみると、たくさん出てきました・・^^;

こんだけあったら、まあきっとやりたくないんでしょうね。

 

 

ただ、全部、今の時点で私が勝手に思ってることです。

もしかしたら実際にやってみると違うかもしれません。

数年後には、「不動産投資大好き♪」とかいって、めちゃハマッてるかもしれません^^

明日の事は分からない~ということでした。

 

自分に合った投資を見つけるのが大事ですね♪

「考えるとワクワクするかどうか」が判断の基準かもしれません。

 

【今日の行動4】

不動産投資をやってみたいか?ワクワクするか、考えてみる。

「がんばって」の代わりになる言葉を、私も考えてみた。

かん吉さんの「わかったブログ」を読んでいたら、「「がんばって」の代わりに使える7つの励ましの言葉」という記事がありました。

タイトルに興味を惹かれたので、記事を読まずに、まず自分で考えてみました。


◆「がんばって」を使いたくない

「がんばってね。」「がんばれ。」

うん。つい他に思いつかなくて使ってしまうこともあります。

いい言葉だと思うけど、時には少し人を追いつめてしまう言葉になってしまうのかな。

うつの人や、病気の人に「がんばって」は、よくないっていうよね。。
「がんばっているのに、これ以上がんばれないよ・・」と思わせてしまうらしいし。。

でも「何か声をかけたいなあ」というとき・・
「がんばれ」の代わりの言葉・・何がいいのかな。

だんなからメールで「遅くなりそう」って来たときに「がんばって」は使いたくない。もう充分がんばってるだろうし。「無理せずー」とか「コクじか(ビール)と待ってるー」とかって返すんだけど・・。

他の人に対しても「がんばって」の代わりの言葉を考えてみよう。


◆「がんばって」の代わりの言葉

「ファイト~。」とか?
うーん、「がんばって」と同じか。

「応援してるよ~。」とか?
うん、これはいいかもね。

友達が何か悩んでたり、相談された後だったら
「またいつでもお茶しよ。いつでも誘って~。」とかいいのかなーと思う。。

「聞くしかできないけど、いつでも聞くよ。」って、相手に伝えるのはいいように思う。

 

◆大きなイベントなどに

試験とか大きなイベントとかだと「大丈夫だよ~。」とか「リラックス~」とか、緊張してそうなときは「楽しんじゃお~」とか、かな。

「OKOK!いけるいける!」(→マジメな人にはちょっと無責任に聞こえるかもしれないので、使い方はちょっと選ぶかもしれないけど、「大丈夫だよ~オーライ」みたいなニュアンス。)

 

◆笑ってリラックス

あと、時々使うのは、「自分を信じて!」^^(→これ、松ちゃんがコントで言ってたフレーズなんだけど、ちょっと笑いになる感じになる。)

「失敗したらネタにしちゃえ!」→これもいいかも。 ブロガーさんとか、漫画家さんとか、あと関西人にはいけるかも。

「骨は拾ってやる。」→「どーんと思い切って行け!」って言いたいときに。

私が考え付くのはこれくらい・・。なんか「やさしく励ます」っていうより、「はっぱかける!」みたいになっちゃったかな?


◆わかったブログより

ここで冒頭のかん吉さんの記事、「「がんばって」の代わりに使える7つの励ましの言葉」を読んでみました。なるほど~。

「うまくいくように祈ってるよ♪」、っていいですね。グッドラック!って感じかあ。

「無理しないでね」もいいですね。ついつい努力家で頑張ってしまう人って、無理してしまうから・・。

心の底からの「頑張って」という思いがあれば、どんな言葉でも思いは伝わると思いますし、「頑張って」という言葉の本来の使われ方なのかもしれません。
by「今日のわかった」より

に同感です~^^

言葉には力があると思います。本当にちょっとしたことで、喜んでもらえたり、逆に傷つけてしまったり・・。取扱いを注意して使っていきたいものです。

でも、本当に相手と信頼関係があって、相手のことを思っていれば、言葉を少々間違えても気持ちは伝わるような気がします。

寄付は自己満足でもOK

◆サンドウィッチマンの主宰する震災義援金に寄付

年末に寄付するのが恒例となって今年で4年目です。

 

寄付なんて昔の自分では考えられなかったのですが・・

「お金持ちになるには必要な習慣」だと知ったので、その通りにやっております。はい(*´ω`*)

 

やっぱりきちんとした団体に使ってほしいし、困っている人にきちんと届いてほしいですよね。。

でも震災の寄付金も市庁リニューアルや花火大会に使われたっていうし・・。

一体何を、誰を信頼すればいいのやら、という気持ちになりますね・・。

 

 

寄付の習慣を始めてから、1年目は、がんの子供を守る会、2年目はドクターヘリ(救急)、3年目は、WWFの震災復興にしました。

 

4年目の今年はやっぱりまだまだ震災関連かなと思って、赤十字も考えたのですが・・

私はお笑い好きなので「確かサンドウィッチマンが義援金活動していたな~」と思って、調べてみました。

 

すると、今は「震災孤児のため」となっているようですが、まだ募集されてましたので、今年はサンドウィッチマンに託すことにしました。

これなら安心。

 

 

・三日坊主、自己満足、売名行為でOK

実は私は毎年寄付先を変えているんですが、このことに少し罪悪感がありました。

その団体、その問題に一度関わったら、ずっと継続的にとことん関わらないとだめなんじゃないか・・とか。。

そんなときメイク・ア・ウィッシュジャパン代表・大野寿子さんのインタビュー記事の中に、「三日坊主のススメ」、「自己満足のススメ」、「売名行為のススメ」という言葉があり、少し驚きました。

寄付やボランティアは、三日坊主で終わってもいいし、自己満足でいいし、売名行為でもいい、とのことでした。

それを代表の人が言ってのけちゃうのが、すごいな~。。と思いました。

「みんなそれぞれ自分の生活で忙しいんだから、できる時に、できる事をやってくれたらいいのよ」ってポンと言われると「あ、それでいいんだ、」と、ちょっとラクになった感じがします。

大変な問題の解決って、一部の人だけがぐぅ・・っと深くやるのも大事だけど、たくさんの人の「少しずつの力」の方も必要なのかな。。とも思いました。

 

 

 

 

 

 

 

「自分スタイル」が決まるとラクになるなあ。

◆自分スタイルが決まる

何に関しても

「自分のお気に入りが見つかれば悩まなくなる。」

と思います。

シャンプーはこれ、とか、暖房器具はこれ、とか。

私は「片付け」に関して、断捨離に出会ってからほんとにラクになりました。本屋でほかの片づけ法が並んでいても、ちっとも欲しくなくて、手をださなくて済む。

これはすごくいいなーと思います。ココロにもお財布にも。

「自分のスタイルができる、決まる」っていう感じですかね。

―――――――――――――――――――

たぶん人によって、「自分スタイルが決まってくる分野」と、どうしても「自分スタイルが決まらずフラフラしている分野」があると思います。

「仕事はずっと同じ分野でキャリアを積めているけれど、恋愛に関してはこの人っていう人に出会えない」とか、

「家庭は落ち着いて、うまくいっているけれど、自分がこれだと思える仕事がずっと見つからなくて困っている」とか。

―――――――――――――――――――

◆軸がブレてもいーじゃん

私は仕事とか人生に関して迷うことが多いのです。。

とてもふらふらしている人間なもので・・自分を責めてしまいがちですが、「軸がブレる」ということに関しては、こちらの記事がとてもはげみになりました。

「ブレやすい私」―ブレない自分を作るにはどうしたらいい?/earth in us 人生をシンプル&クリーンに調和させるミニマリストライフ

「水のような心で生きる。」

「人は重心を見つけるためにブレるのだから。」など、いい言葉がたくさん!

「そうか~これでいいのか~!」みたいな気持ちになりました^^

―――――――――――――――――――

◆自分スタイルを見つけるには「試す」

私は、自分のスタイルを見つけるには、「とにかくどんどん試すことかな~」と思います。「試してみて、その時の自分の気持ちを観察して、よければOK」、で進む。

「何か違うなら、やめる。休む。そしてまた他を試す」、のくりかえしですかね。

あとは、そのことばっかり考えずに、他のことをやると、ふとヒントや答えが見つかったりすることもありますね^^

 

 

 

人間はまちがえる。

Twitterで目にした居酒屋が妊婦さんを追い出した件。

私が思ったのは「人間ってまちがえるよね・・。」ということ。

まずこだわりの居酒屋さんが最初にまちがえたのは

「ソフトドリンクがない。必ず全員がお酒をオーダーしてください。」

というこだわりを「店の前に大きくかいてなかったこと」だと思う。

 

店がこだわりを持つのはいいことだと思うし、別にソフトドリンクなしの店があってもいいと思う。

それを客側がどうこういうのは違うと思う。

(まあ水かお茶くらい出しておやりよ、と思うが^^;)

 

ただその「飲めないお客さんお断り」を「店に入る前に分かるように」しておかないとこういうトラブルになるんだろうな。。と思う。

 

確かに客の立場で、さあ、席に座って、ごはん食べよう~となってから

「できません。ありません。」と言われるとムカっときちゃうかも。。

「何それーー??」てなもんです。。

 

ここで「こだわりの伝え方」がどうだったのか?

たぶん「対応ひとつ」だと思うんだよ。。

「すいません。。申し訳ないです。。」って言いながらだったのか、「うちは酒飲む店だからね!」みたいに言ったのか、真相は分からないけど

とにかく「こだわりの伝え方」をちょっとまた間違ったんだろうね。。

 

で、そのあとブログに載せたのが、やっぱり店側、またまちがえたよね。。あたー。

特にあの文章がね・・。

まあたぶんお客さんかなり怒ったんだろうし、店主の方もむかむかしてたんだろうけど・・。

接客業やってりゃ、クレームなんて普通にあるし、やっぱりそれをさらしちゃだめでしょ。。

 

そのお客さんが見るって思わなかったのかな?
別に見てもいいやって思ったのか?

すごい若い店主なのかな?
よく分からないけど。

 

とにかく「人間とはまちがえる生き物」なんですね。

それを今後どう生かすか。。
ここから店の真価が問われるよね。。

 

 

 

価値は「はしご」か「灯り」かな。

ビジネスではよく「価値」を提供しなさいとあるけど価値って何だろう?

 

価値は「はしご」か「灯り」かな。

 

「はしご」は、使うと便利なもの。

 

使わないより、速く、うまく、いけるもの。

ま、よくいう、レバレッジか。

 

「灯り」は別に便利とか、効率化できるわけじゃないんだけど・・

 

なんか「あったかい」というか

なんか「好き」で、そこに行ってしまう、というか。

そんな感じ。

akari

 

村上龍さんが

「あなたがそれをなぜ好きか、理由を説明できたら、それは本当に好きではない」

って言ってた。おーって思った。

 

「なんか分かんないけど、好き」

って確かにいいよね。。

 

 

 

利己利他

結局、自分のため、他人のため、の両方がないと続かないのかな?と思う。

「利己利他」って言葉をきいた。

自分のためだけでもだめだし、他人のためだけでも続かない。

他人のためにやっていることが、自分にとって楽しいといいね。

私のできること?

いろんなお金持ち本やビジネス書を読んでいると「原則」に出会うことがあります。

多くの人が同じことを言う「変わらないもの」のことです。
「人に与える」も、その一つ。

カツマさんは、「GIVE×5回」

本田直之さんは、「貢献(コントリビューション)」

表現は違えど、ほかにもたくさんの人が「与えることの大切さ」について
繰り返し、となえています。

ふと自分を振り返って・・

「自分には何ができるだろう〜?」
「何なら人様のお役に立てるのかな〜〜?」

と最近よく思います^^

人って「誰かの役にたって喜んでもらえること」が
やっぱりうれしいんですよね〜(*^_^*)

そこに自分を見つけるからでしょうか。

ちなみに私の好きなことは。。

FXやビジネスやお金のこと考えること。。

お笑い。。マンガ。。

最近はダンシャリ、早起き。。

オットとあほなことして笑うこと。

(うーん。。こんなんで何か人様のお役にたてることがあるのかな・・!?)