規律を守ることが目標達成へのかけはしになる。

 

「規律を守る」というスキルが、

君の夢や願望をかなえるためにはどうしても重要なのである。

 

― 億万長者製造機 ジムローン

 

 

以下、思ったこと。

 

「努力の方向性が間違ってないか確認するのが大切。」

 

 

「規律」は夢や目標をかなえたい人にとっては、とても大切なもの。

 

「規律」は「目標」と「現在」をつなぐ架け橋。

規律とは、「セルフコントロール」です。

 

時間、ルール、お金、すべてにおいて

「自分で決めて、自分で守る」ことが大切。

 

このとき、やるべき2つの行動。

 

1.ルールを作る
2.ルールを守る

 

 

この1.の「ルールを作る」が意外にむずかしい。

 

ルールがあまりに厳しいと、守らなくなる。

人間はそんなにきちんとしている生き物ではない。

 

特に、他人のルールにはしょうがなく従うとしても、自分のルールはカンタンに敗れる^^;

 

「自分のルールが守れない」、すなわち「自分との約束」をやぶるのが続くと「できなかった・・・ダメだ・・。」と自分を責めてしまう。

 

まじめな人ほどそうなる。

 

自信もなくなって「どうせ何をやっても続かない。」と自分を信頼できなくなり「どうせ自分はだめなんだ」と、自分が嫌いになる。

 

だからまずルールを作るときには、すごーーくカンタンなものに。

 

最初からあまり厳しいルールを作らずに、かんたんすぎるぐらいに。

 

このとき大切なのは「方向性

 

「目標」に向かって方向が合っている努力かどうか

きっちり橋が伸びているかを確認。

 

たとえば、「ギターが弾けるようになりたい」という目標

 

「まずはギターの知識から!」と「ギターの歴史」という分厚い参考書を、1ページ目から勉強

 

「ああ・・5ページやろうと思っていたのに、今日は3ページしかできてない。自分はダメだ・・。ギターもまだ全然弾けないし。」と落ち込んでいたら・・

 

「努力の方向性がズレてるんじゃないかな?」と。

 

「規律」という「橋」が「目標の方向」に向いていない。

方向を見ずに橋を作り出している。

 

 

どうアドバイスする?

 

「1日5分でいいからギターをさわってみたらどう?」

とか

「初心者用のレッスンを習ってみたら?」

 

目標に向けて橋をかけるようにする。

 

 

努力がズレている場合がある。

 

他人のことなら分かるのに、自分では意外に気付かない。

 

自分があまり興味のない分野だと冷静に見えるため分かるが「これをなしとげたい!」とアツイ思いを持っている分野では、意外にこういう間違いをしてしまう。

 

「まちがった努力」

 

 

 

こうならないために、、

ルールを作るときは、目標から逆算する。

 

目標を達成している自分をイメージして、その自分はどんな規律を守っているか?とイメージ。。

 

 

「このルールを守る!」と決めてしまったら、「ルールそのものがあっているか」を確認しなくなるから。。

 

「ギターの歴史本5ページでは多いんだろうか、4ページにしようか。それとも夜ではなく朝にしようか。」

 

そもそもの「ギターの歴史を読む」というルールを、正しいと疑わず突進してしまう。

 

そうならないように・・

 

その規律の先に目標にたどりつけるのか。

 

この橋をわたっていけば、目標にたどりつけるのか。

 

最初によーーくイメージすることが大切。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「規律はチャンスを引き付ける」マイルールが守れると心の負債がなくなる♪

 

「規律」はチャンスを引きつける。

ワクワクするようなチャンスは、つねに野望を持ち、「規律」を守るスキルを発達させたものに訪れる。

―「億万長者製造法」ジムローン

「規律」はチャンスを引きつける。

このフレーズが心に残りました。

 

何だかいい言葉だな~と思います。

うれしくなります。

 

なぜうれしいんだろう?と考えたのですが・・

「規律」を守るのは「自分でやろうと思えばできること」だからだと思います。

 

才能とか、自分の力ではどうしようもないことだと、自分にはコントロール不可なので、無理な場合もあるけれど「規律を守る」、これは自分でできます。

 

「規律」を守っていれば、つまり自分ルールを守っていれば、チャンスを引き寄せられる、ってことですね。

マイルールを守ること、がんばってみようと思います。

 

(まあ~、これがなかなかむずかしいんだけどね~^^;言うはやすし、行うは難し。。)

 

◆マイルールが守れない理由は?

私は目標フェチでして、目標を立てるのが好きです。そしてその目標達成に向かってプランやマイルールをよく作ります。

でもこの自分ルールって作るのは作れるけれど、守るのがむずかしいんですよね~。

どうして守れないんだろう?自分ルールを守れない理由を考えてみました。

1、ルールが難しすぎる 2、目標に合ってない この2つじゃないでしょうか。

この2つを改善するには

1. ルールそのものがむずかしすぎる⇒ルールをやさしくする

2. 目標に合ってない⇒目標に合っているルールにきめなおす

ということになります。

 

◆ルールはかんたんに、でも必ず守る

ルールは小さいものにして、その代わり、必ず守るようにします。

私もついつい大きくてハードなルールを作りがちですが、それをググッと3分の1ぐらいに小さくすることがよくあります。

たとえば今年は「心身ともに健康」という目標を立てました。

「健康でいたい」という目標のために、思いついたルールは「週1でジムに行って運動をする」「パソコン作業の60分に1回は休憩する」「野菜を多く食べる」「早寝する」などなど、ちょっとむずかしそうなものがズラリ。。

私はその中で、一番カンタンそうなルール、「朝、お湯を飲む」、からやることにしました。

週一ジムは行けてないですが、朝起きてお湯を飲むのは、ズボラな私でも何とか続いています。

体の調子はいいですし、なにより「自分で決めたルールを守っている」という事実が気持ち良く、心の健康につながっています。

 

 

◆お金の規律、自分ルールを守って得たもの

お金の規律でいえば、私は以前マイルールをやぶっていました。

投資用ではない貯金を、投資に使っていたのです。

利益が少しでもほしかったので、住宅ローンの繰上返済貯金を投資口座に入れていました。

でもこの貯金は「住宅ローンの返済のために使う」と決めていたもの。。マイルールをやぶっていたんです。

いくら安全運用とはいえFX口座に入れるのは、どこかうしろめたい気持ちがありました。

でも家族のため、生活のため、しょうがない、と言い訳して見て見ぬふりをしていました。

自分ルールは、言い訳がとおってしまいます。←これが危険なところですね。

 

そんなとき、この本で「規律がチャンスを引き寄せる」というフレーズに出会い、ドキっとしました。

ちょっと見透かされているような気がしました。

「大丈夫だからって言い訳して、結局投資に使ってる。これじゃ、貯金を分けている意味ないんじゃない?最初に自分たちで決めた自分ルールを守れてないな。。」と感じました。

そして「規律を守ってないから、チャンスが来ないのかも・・?」と思う気持ちと「今は利益が必要だから・・」と思う気持ちで揺れました。

そしてついに規律が勝利し、、出金しました。

これを達成できたときは、何だかちょっとうれしかったですね。とても気持ち良かったです。すがすがしい気分になりました。

 

「それでチャンスが来たの?」と聞かれると、正直まだこれというチャンスが来たわけではありません。

むしろこの口座は、出金して元本が減ったので、利益も減りました。

 

それでも・・

「心の負債がなくなったこと」が、一番よかったと思います。

後ろめたい気持ちがあると、毎日心が少しずつ曇っていきます。知らず知らずのうちに心にほこりが積もっていきます。

このほこりは目に見えないからこそやっかいで、知らないうちに心が汚れていきます。自分を傷つけることにもなります。

この、埃(ほこり)をスッキリ取りはらうと、誇り(ほこり)を取り戻せます。(うまい。なーんて。)

ということで、心の負債をスッキリ清算できたので、これからきっとチャンスを引き寄せられると思っています^^♪

【今日の行動】

今日、規律を作って、今日から守る。

お金を作るのに必要なのはお金ではない。

 

お金を作るのにお金は必要じゃない。

必要なのは、夢と強い決意、

短期間で学ぼうとする意欲、

そして神様から与えられた資産を適切に使う能力、

自分の収入をキャッシュフロークワドラントのどこから生み出したらいいか見極める能力だ。

―金持ち父さんのキャッシュフロークワドランド

「お金を作るのにお金は必要じゃない。」

私はこの言葉が好きです^^。

希望が湧いてくるんですよね。。

お金が今ないとしても、貯金が0円でも、お金持ちになることはできるんだ・・!と。

(でもダンナはすぐに「お金を増やすにはお金が要るから・・」って言っちゃうんだよね。もー・・そう言ってしまったら終わっちゃうでしょー!って思う。。)

 

私はですね、お金を作るのに必要なのは・・「アイデア」と、「行動力」かな~って思う。

特に大事なのは「行動」の方かな。

思いついたことを、とりあえず失敗してもいいからやってみるって感じ。

情報として知ったことでもいいし、自分で思いついたアイデアでもいい。どっちでもいいんですよ。

やってみて途中で、「あ、これ私には無理だな。」とか「あんまり面白いと思えないな、、」と思えたら次に行けるわけで。。

とにかく「行動」あるのみだと思いますね。

 

次に金持ち父さんの言葉を一つずつ見ていきます。

「お金を作るのに必要なのは、夢」

夢、必要ですよね。夢のためにがんばれます。

あなたの夢は何ですか?

私の夢は。。(*´ω`)(妄想スタート。以下長くなります)

海の見える大きな家で・・テラスでボサノバをかけて、ゆったり潮風に吹かれながら、デッキチェアでシャンパンを飲みながらくつろいで。。

会社を無事やめられて元気になったオットが横にいて・・

「来月からヨーロッパに2ヶ月滞在だから、準備しなくちゃね~」「そうだ、お義父さんとお義母さんハワイに行きたいって言ってたよね。振り込んでおいたよ。」

「今度の新しい店がうまくいっててね~お客さんも喜んでくれてよかったなあ~」「こないだのセミナーでがんばってた人がいてね~きっとあの人うまくいくだろうなあ~」

「あ、豪ドル上がったから決済しといたよー。1500万円利益出たよ~」

なんて話して・・

 

ハッ。。夢か。。

でも確かに見えたよ。。見えるものは・・実現するんだよね・・

よし、白昼夢はおいておいて、次行こう!

 

「お金を作るのに必要なのは、強い決意」

強い決意、いりますよね。

私も、やるぞ!って心の中で燃えています。

私は、私を諦めない!

と、思っています。

 

「お金を作るのに必要なのは、短期間で学ぼうとする意欲」

意欲も確かに必要ですね。

私はねえ・・これだって思うものに出会った時は、すごく意欲が出てきますね~。

今は本物の投資家になりたいって思います。

そのために、資産と自分をコントロールするスキルを身に付けたいです。

 

 

「お金を作るのに必要なのは、神様から与えられた資産を適切に使う能力」

神様から与えられた資産のことをギフトとも言いますよね。

私は・・神様からギフト、何をもらったんだろう・・?

猪突猛進なところと、楽しくやりたいな♪って思うことかな?あと言葉とか文章も好き。ネットが好き。だから・・「自分が色々経験したことを楽しく伝えるブログ」はいいのかもしれないなあ。。それを適切に使えているかなあ?ん~これからって感じですね・・。

 

 

「お金を作るのに必要なのは、自分の収入をキャッシュフロークワドランドのどこから生み出したらいいか見極める能力」

EBSIのどのクワドラントから生み出すのか。

 

私は・・

んーーー。

Iの投資が好きだから、Iだな。。

でもそれまでにキャッシュを増やしたいから、S・・か行けそうならBか・・。

Eにはもう戻らない!←これは決めている。

 

 

 

あなたの夢は何ですか?

一緒に夢に向かってがんばりましょうね!

 

 

 

 

【今日の行動】

夢を書く。

自分本位の夢でOK!

仕事が続かないのはダメ人間ではなく、フィールドが合っていないだけ。

◆ダメ人間なのではなく、フィールドが合っていないだけだった

「お金持ちになりたい」と思って、私が最初に読んだ本が「金持ち父さん」です。

この本を読んで私が一番よかったことは、「自分のままでいてもいいんだ。」と思えたことです。

私はずっと「仕事が続かない自分はダメだ・・。」と思っていましたが、それは単に自分の合わないフィールドにいただけでした。

フィールドを変えて、好きな稼ぎ方が見つかると、自分を好きになれて、人生がうまくまわりだしました。

 

◆可能性のトビラがひらいた

当時私は仕事が続かずに職場を転々としていて、「こんな自分はだめだ・・」と自己嫌悪になっていました。

仕事がきつくてウェイトレスや工場を1日でやめたり、事務の仕事を人間関係でやめたり、、

「あー、またやめちゃった・・。逃げてばっかりで情けない・・。自分は本当に社会不適合者だな~(:_;)・・」と自分を責めていました。

そんなとき本屋でふとこの本が目に留まりました。なんとなく呼び寄せられたのです。

 

すると、私の状況は単にE(従業員)というフィールドの中でグルグルしているだけであって、そこが合わないのなら、他にもS(自営業)、B(ビジネスオーナー)、I(投資家)という収入の道があるんだよ、そして実はBとIがお金持ちへの道なんだよ、と教えてもらえたのです。

パアーっと光が差して、前が大きく開けた気がしました。

Eでは落第生だった私に、他の生き方があるよと、可能性の扉を開いてくれたのです。

 

◆E(従業員)がいやであればあるほど、他で輝ける

この「金持ち父さん」は有名なのでみなさん読んだことはあるかもしれませんが、もしまだ読んでいない方でお金の問題を解決したい方はおすすめします。

特に今勤め人をしていて、何度も転職をしていてどうしても仕事が続かなくて悩んでいる・・という人にはぜひ読んでほしいと思います。

 

私は「給料をもらう」だけがこの世で唯一の稼ぐ方法ではなく、それは単に4分の1の方法なんだ、と視界が広くなりました。

そしてE(従業員)が合わない人は、むしろ他の分野で才能を発揮すると思います。

今のEがいやであればいやであるほど、他のS(自営業)、B(ビジネスオーナー)、I(投資家)で光り輝く可能性が高いと思います。

 

「仕事をすぐにやめてしまう・・。逃げてしまう・・。自分はダメだ・・。」と思っている人は、本当はダメじゃないんです!

単に自分の合わないフィールドにいるだけなんです。

 

だから自分の合うフィールドにいけばいいんです。

 

私がそうでした。。

本を読んでからEでいることをやめ、実際にビジネス(B、S)や投資(I)を始めました。失敗して転びながらも、多少なりとも稼げるようになってきました。

 

Eでは全然うまくいかなかったのに、今I(投資)について考えているとき、とても楽しいです。

今度はこの投資をしてみようかな~などとニヤニヤしていると、だんなに「また投資のこと考えてるん?」と言われます^^;

 

S(自営業)も楽しいですね。自分で物を作ったり、売ったり、ほかにも色々やっています。自分で何かをやるのはとても楽しいです。

 

Bに近いこともトライしました・・スタッフを雇って店をやりました。

ただ、「人間関係にも時間にもできるだけしばられたくない」と考える私には、お店の経営はちょっとハードルが高かったかもしれません^^;

結局この店は2年で閉めました。でもとてもいい経験になりましたし、いつかまた挑戦するかもしれません。

 

まあなんにせよ・・

「Eじゃなくてもいい。他に稼ぐ方法がある。他にも収入の道があって、生きていく方法があるんだ!」

と知れたことがとてもよかったです。

 

言うなれば人生を変えてくれた本ですね。

もしこの本に出合わなければ、今もまだ仕事をむりやり続けて、転職を繰り返して、自分を責めていたと思います。体や心を壊していたかもしれません。

「好きな稼ぎ方を見つけること」は、「自分を好きになれること」でもあるんですね。

 

それは人生において、とても大切なことのように思います。

 

【今日の行動】

自分はどのクワドラント(収入の道)が合っているか、考えてみる。

 

 

 

 

 

 

「今のままではいや。でもやる気がでない」時のモチベーションアップ方法

今のままはいやだけど、やる気がでない時

最近やる気がでず、ダラダラしていたのですが、ちょうど本で「モチベーションをあげる方法」があってよかったので紹介します。

試してみると、効果的で少し元気がでてきました^^

①1年後、2年後も今の状況が続いてると想像する。
②いやだ!と思ったら、その場面をたたき割る。
③変えるためのアイデアをいくつも書いてみる
④それに結び付く行動を書き、「すぐにできそうなもの」を
10個ピックアップし、1つずつやっていく

(↑私は、できるだけハードルの低いカンタンなものにしました。「○○に行く」より「○○についてネットで調べる」とか。)

ちょっと、はしょってますので、くわしく知りたい方はこちらをどうぞ。

―――――――――――――――――――

(参考)↓
☆文章で読みたい人はこちら

ユダヤ人大富豪の教え〈2〉さらに幸せな金持ちになる12のレッスン (だいわ文庫)
~レッスン9:人生を変える知恵を学ぶ「自分を動機づける。人は変われるのか?」(P170))

―――――――――――――――――――

☆コミック版がいい人はこちら↓

コミック ユダヤ人大富豪の教え スイス編②
P58

「こうじゃないと自分には価値がない」の思い込みを断捨離。うーん断捨離道は奥が深い。

◆「今 ・ 自分」を大切にする

「断捨離」は一大ブームになりましたよね~。私も大好きです♪

これだけ流行るなんて、本当にモノがあふれていて、みんな迷っている時代なんだな~って思います。

そして「モノと自分との関係を見直せば、こんなにスッキリするのか!」ってみんなハマってるんでしょうね~♪

断捨離は単なる整理・かたづけ術ではなく、心のおそうじができて、今の自分が見えてくるところがいいなあと思います。

「モノ」がまだ使えるから・・ではなくて、「自分」がそれを使うか、で決める「自分軸」なところ。

また、「使ってた(過去)」や、「いつか使う(未来)」ではなくて、「今、使うか(現在)」で決める「現在軸」なところ。

そんな「今・自分、を大切にする。」という考えが、何だか自分にすーっと合う感じがします。

すごく仏教とか哲学に近いですよね。

―――――――――――――――――――

◆ドキッとさせられた

私は本家やましたひでこさんの「断捨離」のほかに、コミックエッセイの「断捨離アンになろう!」や、その第二弾、「もっと断捨離アンになろう!」も、ときどき読み返します。

コミックエッセイの方は、実際に断捨離している何人かの女性のケースが出てきて、分かる~と、身近に感じます♪

読んでると、断捨離したくなってきて、うずうずしてくるんですよねー。「あー私も何か捨てたい・・!どこやろう~」みたいな^^;

最近ちょっとドキッとしたのは、その第二弾の「もっと断捨離アンになろう!」を読んだとき。(こちら↓)

もっと断捨離アンになろう!

「ヨガ教室に通いたいのにさぼってる・・でもやめられなくて宙ぶらりん・・」の彼女に

「おしゃれじゃないと自分に価値がない、って思い込んでるんじゃない?」という一節・・。

それを読んだ時に私はドキッとしたんです。

「うわー。「こうじゃないと自分には価値がない」っていう思い込み・・あるあるー。」って。。

ちなみに私は、「自分の仕事をして充実していないとダメ。」って思い込んでるところがあったんですよね~。。仕事をしていない時期はさぼってるような、自分に価値がないような気になっていました。

でも、「そうでない自分であっても、価値があるんだよ、、」って受け入れることが大切なんですね。

んー断捨離道は、奥が深いな~と思いました。

あなたにも「自分はこうじゃないと価値がない」っていう思い込みはありますか?

その思い込みを断捨離して「そんな自分じゃなくても価値がある」って思えたら、少しラクになれるのかもしれませんね^^

 

 

「自分の強み」を見つけて自分を好きになれるテスト。結構当たってました。ストレングスファインダー。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

マーカス バッキンガム,ドナルド・O. クリフトン 日本経済新聞出版社 2001-12-01
売り上げランキング : 168

by ヨメレバ

◆自分の強みを見つける

「自分の強みの上に築け」とドラッカーも言ってますが・・「自分の強みって一体何なのさ・・」とよく思います。そんなとき、ヒントになったのがこの本でした。

自分の強みや自己分析というと、就活を思い出すのですが^^;(ああ、ニガテだったわん)これは、もっと大きなスパンでの自分の人生の指針として役に立つと思います。

―――――――――――――――――――

◆ストレングスファインダーテスト

ストレングスファインダーテストは質問に直感で答えていくテストです。その結果34個の中から自分の特性、強み5つが分かります。

これが結構当たっていたんですよね~。そして自分を客観的に見られた感じがしました。

たとえば、私は自分で思ったことを、ざーーっと文章に書いたりするのが好きなんですが、そんなときは強みの1つ「内省」が出てきてるんだなあとか。

スケジュールを決めてうまくできたときに「気持ちいい・・」と思うのは「目標志向」や「達成感」が出てきてるんだな~など。


◆テストをやってよかったこと

このテストをやって一番よかったなと思うのは「その5つの強みが出てきているときの自分が割と好きだ」と気付いたことです。

自分のいい面、嫌な面、いろんな面があるけれど、人生において「自分の好きなところを見つけられること」は大事なような気がします。

そして、その強みは、これまでの自分の人生で繰り返し出てきていることで、これからもたぶん出てくること。

それならその5つの強みを磨いていけばいいのではないか、ということでした。

「どんどんそれをやっていけばいいんだ」と、ある意味開き直れるのでいいかなーと思います。


◆注意点

ストレングスファインダーテストは本に載っているIDを使って、WEB上で受けます。

本を中古で買うと、前の持ち主がすでにテストを受けてしまっている場合があるので、新品を買うのをおすすめします。

ちなみに、私は「このテストを家族にも教えたいけど、IDのために同じ本を2冊買うのももったいないな~・・」と思っていたら、この本にもIDが載っていたので、2冊目はこちらを買いました。↓ ↓ ↓

心のなかの幸福のバケツ

ドナルド・O・クリフトン,トム・ラス 日本経済新聞社 2005-05-25
売り上げランキング : 8715

by ヨメレバ

本を買ってIDを手に入れたら、テストはこちらから。
あなたの強み見つけてくださいね^^v

ストレングスファインダーテスト 「Clifton StrengthsFinder. 」

―――――――――――――――――――

<関連記事>

前回のレビュー(2009.8.20)はこちら。「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」マーカス バッキンガム。

ストレングスファインダー5つの強み当たっていると感じます。

 

 

 

好き見つけヒント②気が向くこと

「好き」を見つけるヒント②

◆ 近い人に聞く。

家族や友だちが「それ、あなたっぽい。」って言った時に、「どういうところが?」と、ちょっとつっこんでくわしく聞いてみると、新しい発見があるかもしれません。

私の場合。駅の案内地図前にて。

私:地図が見にくいな~。ごみばこ、ちょっとこっちにずらせばいいのに。

だんな:そういうこと言うの、あんたらしいな。。

 

私:え?私って、うるさい( ̄▽ ̄;)?

だ:いや、うるさいっていうんじゃなくて・・

「自分やったらこうする!」っていうのよく言うてる。

 

私:へえ・・そっか。

あ、言われてみればそうかも。

自分のやり方でやりたい感が強いのかな。。?

 

 

-----------------

◆ 嫌いではないことを探す

「好き」を探すとなると、結構つらい。

答えが出ない、分からない。だから行き詰まる。

あるとき「これだ!」と思っても、数日後には冷めてたり。。

そんなときは、「まあ・・嫌いではないかな。」程度のものを見つける方がいいのかもしれません。

「そんなに苦ではないかな。」と思うこと。

 

仕事でいうと

「裏紙を使ってメモ用紙を作るのが、そんなに苦ではないかな」

「知らないところに飛び込みで行って、初対面の人と話すのは、そんなに苦ではないかな」

「1日中パソコンに数字をうちこむの、そんなに嫌いじゃないな」

などなど。

投資や資産運用の手法などでも「こういうやり方は私いやじゃないな~・・」みたいな感じ。

「好きなもの!!」に固執するより、「そんなに嫌いじゃないこと」

 

 

-----------------

★気が向くこと

「好きなこと」というと、構えてしまって動けなくなることもあります。

それよりは、「気が向くこと」がいいのかもしれません。

「なんとなく気が向く。」

そういうことをやる方が、楽しいですもんね。。^^

 

あと、自分の「前に感じた好き」にしばられることもないと思います。

そもそも時間によって、気持ちなんて変わっていくし。

逆に「これがいいって分かってるし、やった方がいいんだろうけど・・どうも気が向かない。気が乗らない。」

ということは、やらなくていいんじゃないかなーと思います。

 

 

好き見つけヒント①小さなサイン

「好き」を見つけるヒント①

よく仕事やライフワークで「自分の好きなことをする」っていいますけれど「好きな仕事、好きなことが分からない」という場合があると思います。

そりゃ「これが私の天職です!」って言いきれる人は、うらやましいけど、なかなか現実にはそうはいかないもので。。

だったら「天職なんて、そうかんたんには見つからないもんだ。」と割り切って、今の状態から、少しずつ軌道修正やチューニングするのがいいのかな、と思います。

 

◆小さなサインを大事にする

昔、私は「自分は接客業が好きだ」と思い込んでサービス業についていました。

だけど事務所内でのデスクワークの時に「あれ?この時間、嫌いじゃないな?」と思う自分がいました。小さなサインでした。

結局その小さなサインに従って、事務職に転職。

すると「やっぱり大丈夫・・。というか、こっちの方がむしろ好きだったのかも(*´ω‘*)」と思えました。

 

その小さなサインは、世間の王道とか今の周りの環境、同僚の意見と違ってていいと思います。

「こんな仕事いやだよねー。」ってみんなが言ってて、自分も「うん。ほんとー。めんどくさいねえ。」とか言いながらも・・

「あれ?私、実はそんなに嫌じゃないかも?」とか。

 

そういうところに、好きな仕事のヒントはこっそり隠れているのかもしれません。

 

 

好き見つけヒント②気が向くこと