ツイッター依存をやめたい私がやっている方法。時間制限など。

 

最近ちょっとTwitter見すぎなんですよね~。。

ちょっと依存気味なぐらい。。ヤバイかもしれない。。

ほんとに1日中見てることもあって。。

「あーまたやってしまった。。」みたいに、イヤな気分にもなるし・・💧

それで、このTwitterを見ている時間を減らしたいと思って、時間の制限をつけてみることにしました。

設定方法はこちらです↓

ーーーーーーーーーーーーーーーー

iPhoneの「設定」→「スクリーンタイム」

一番上に「自分のiPhone」が出てくるので右の > をタップ

「よく使われたもの」で制限したいアプリをタップ。私の場合はTwitter。

下の方の「制限を追加」で、1日あたり何分にするか設定します。

これでOK。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

それでツイッターを使ってみると、制限時間の30分が来ると、通知がきます。

 

これで解決^^~。。と思いきや。・・問題がひとつ。

「制限を無視」を押すと、続けられちゃうんですよね~。。

私は、うまくガマンできる時と、何度でも「無視」を押しちゃう時があります。。

全然制限できてないじゃん!とほー。。

 

まあ、、少しは抑止力になってるのかなあ。。ということで、しばらくはこれでいってみます。。

ほかにもいい方法があれば試していきたいと思います。。

 

家にいるときは、いっそのこと

「スマホを違う部屋に置く」

とかがいいのかな。。

物理的に離してしまうのが一番の気もします。。

 

出かけるときは「持っていかない」とか。

でも出先でもちょっとメモしたり、何かを調べる時には欲しいし。。迷うところです。。

 

今の時代SNS依存、スマホ依存で悩んでいる人は多そうなので、

こういう制限する方法、コントロールする方法は、これからどんどん出てきそうですね。

アプリもいくつかあるみたいですので試してみたいです。

 

スマホごとケースに入れてしまうのもありますね。↓↓

「タイムロッキングコンテナ―」とか「禁欲ボックス」っていうらしい。。

私もこれぐらいしないとダメかも(+o+)。。

 

受験生とかに売れてるらしいですよ。

確かに今の時代の受験生って大変だよね。。ついついスマホ触ってしまうだろうな。。かわいそうに。。

みんな、戦ってるんだな。。

プチ依存症からの脱出については、このマンガも参考になりました。

私もSNS依存、少しずつ脱却していきたいと思います。。

特に最初のねずみの実験のシーンで、「本当は満足していないのに、依存をやめられない・・」っていうシーンがこわいなーと思いました。

 

増やしたい行動は+、減らしたい行動は-を書く

どこかで見た方法だと思います。メモ。

twitterとかブログじゃなくて、誰にも見せないメモ帳やエバーノートでいいから、今自分が日々やっている行動を書く。

そこに

・ やっていて楽しい♪増やしたいは → ++
・ どっちでもない。今ぐらいでちょうどいい→ =
・ あんまり良くないと思う。減らしたい→ -

を書き込む。

あまり考えずにぱぱっとやるのがポイント。

すると自分の好みが分かる。

これ今一生懸命取り組んでるけど、あんまり好きじゃないんだな?とかが分かる。

 

三日坊主にさよなら。習慣にしたい、続けたいことをTwでサポートしてくれる「サポタ」

◆習慣づけたいことを応援してくれるWEBサービス

「続けたいこと、習慣にしたいこと」を、応援してくれるサービスを紹介します。

「Sapota(サポタ)」~あなたの続けるをtwitterでサポート

私がこのサービスを使って、一番うれしかったことは、

「あれ?私もやればできるんじゃない?」と、少~しずつ、自分を信用できるようになってきたこと。。ですね。

「どうせ続かないよっ。飽きっぽいし・・」って、前はなかなか自分を信用できなかったんですけど^^;

―――――――――――――――――――

◆サポタの使い方

使い方はかんたん。

twitterやFBのアカウントがあればログインできます。

私はジムとか早起きとか、勉強系などに使ってます。

まず「これを続けます!」っていうチャレンジを宣言します。
「ヨガに週1回行きます」など。

そもそも、この「目標」が、「自分にとって本当にいるかどうか?」と考えるのも、大切だそうです。

「 なんとなくかっこいいから英語 」とかは続かなくて、諦めぐせがついちゃって、あんまりよくないそうです。

―――――――――――――――――――

あとは、毎日なのか、毎週なのか、どれくらいやるかとか、具体的な内容も決めます。

「少なめに、自分に甘めに、ハードルを低くしておくのがポイント!」

例えば最初に「週3回いくぞ」!って思っても、週1回にしておくのがGoodです^^

そのかわり、ハードルが低い分だけ、「きちんと守るようにする」のです。

―――――――――――――――――――

期間も決めます。3カ月など。
これも経験上、少なめにした方がいい。です。

最初は3カ月しようと思ってたら、まず1カ月や、10日間にしておく。

―――――――――――――――――――

あと、できたら「ごほうび」、できなかったら「ペナルティ」を決めます。

あんまり、むちゃくちゃなものじゃなくて、軽いものがいいかも。

私はたいてい、ごほうびは「マンガ大人買いしてよし」
ペナルティは「今夜のビールがまん」とか「1000円払う」とかですね。

―――――――――――――――――――

◆チャレンジスタート

そして、いよいよ、チャレンジスタート。

ヨガに行けたら、「やったー」というボタンを押します。

コメントも書けるから、「今日は気持ちよくできた」など書いておくと、ログにもなって便利です。

―――――――――――――――――――

すると「サポタ」さんから、Twitterで速攻で返信が来ます。「えらいね」とか「さすがです」とか、ほめ言葉を書いてくれるの。

これが自動返信って分かってるんだけど、ほめられるとうれしいんだよね~(*´ω`*)

「私でも・・やればできるじゃん。+.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.+。」と
うれしくなって、自信もついてくる気がします。

―――――――――――――――――――

たまには、できないこともあります。
すると「サボったー」って、返信が来るの。

もし続くようなら、設定をゆるめたらいいと思います。

―――――――――――――――――――

あとは、ヨガには行ったのに、ボタンを押し忘れても、さぼったーに・・。
「違うのー」って言いわけしたくなるんだけど・・( ̄▽ ̄;)

―――――――――――――――――――

それでどうにかこうにか、1カ月行けたら、「達成したー」ってボタンを押します。

すると不思議な達成感がじわーっと湧いてきます。

やったね~!!

習慣づけしたいことがある方は、よかったら試してみて下さいね☆

「Sapota(サポタ)」~あなたの続けるをtwitterでサポート

 

 

 

 

スマホ時間を減らすために私がやった3つの方法。寝室に持ち込まないのは効果アリ。

iPhoneを見る時間を減らすために

1. iPhoneを寝室に持ち込まない
2. 日中充電しない
3. Twitterアイコンをトップではなくフォルダに入れる

などをやりました。
特に1.寝室に持ち込まないのは効果があってよかったです。

―――――――――――――――――――

Twitterやネットサーフィンはおもしろいんだけど、ついついずーーっと見てしまう。

気付いたら時間がすごい経ってた( ̄▽ ̄;)ってことがあるので、今年からはスマホ時間、ちょっと減らす方向で行きたいです。

やめたいことは「その行動のハードル」を上げるといいらしいので。。

まず、TwitterアイコンをiPhoneのトップ画面から→フォルダの中へ移動させてみた・・。

んー。まあ・・気持ち、ちょっとだけ減った、かな?

―――――――――――――――――――

あとは何ができるかなあー。時間測るのもいいかもね。。1日にどんだけ見てるんだよ・・って自制になるかも。

「ハードル上げる」ってのは、この本↓で読んだやり方です。

脱・三日ぼうず!続かない女のための続ける技術剣持 まよ サンクチュアリパプリッシング 2009-11-13
売り上げランキング : 60416

by ヨメレバ

習慣に関して、「使える!」ってことのオンパレード。買ってから、結構何度も読み返してます。

主人公の主婦まよがダメな感じで、癒されます。。これなら自分にもできるかも・・って思える。(失礼)久々に読み返して、「やめる方法」探してみようかな。。

絵もかわいいです。


追記12.11.24

Twitter時間、iPhone時間を減らしたくて、「iPhoneを寝室に持ち込む」のをやめました。夜と朝のダラダラ見がなくなっていい感じ(≧▽≦)!おすすめです。

朝起きるのには、めざまし時計を復活させました。

あと「日中は充電をしない」というのもいいです。

限られた電池なので、大事なものだけ見るようになります。

 

 

努力家で完璧主義の人は「プチプチを途中でやめる練習」がいい。

◆完璧主義をゆるめるには

前にテレビで田中ウルヴェ京(みやこ)さんが言っていました。

「がんばり屋さんで努力家、完璧主義の人は、プチプチを途中でやめる練習をするといい」と。

私は結構そのタイプなので、最初は「ええ~?」と思いながらも、頭の中でやってみました。「プチ、プチ、プチ・・・やめる。うー気持ち悪い。最後までやりたい~~」みたいな^^;

その後も、何回か思い出したときに、くりかえしてイメージしてみました。

 

 

◆中途半端ができると・・→続けられる

すると、なんとなく分かってきました。ちょっと効果が出てきたような気がします。

「途中でやめる術」を身に付けるとでもいうのでしょうか。。

これまではエネルギー満タンでぶっとばして、すぐガス欠する燃費の悪い車だったのが、燃費のいいエコカーで、のんびりドライブできるようになった感じです。

海岸沿いをドライブしているイラスト

「消耗すること」が少なくなるというのかな。

―――――――――――――――――――

◆例えばそうじ。

私は一度やりだしたら、気がすむまでとことんやってしまうタイプでした。

確かにキレイにはなるものの、もう~体はへっとへとになって、そのあとまたずっとやらなくなる。

机を拭いている女性のイラスト(掃除)

それが「まあ今日はこれぐらいでいいか」と途中でやめることができるようになったのです。

すると何日後かにも、またそうじに向かえるのです。

―――――――――――――――――――

◆仕事でも

ほかにも、仕事もやたら時間がかかっていました。

パソコンを使うOL・女性会社員のイラスト

ていねい、と言えば聞こえがいいですが、読む人には関係のない自己満足の部分でも、とことん細かいところまでやり直して、結局は成果に結び付かなかったり。

時間がなくなってしまって、本当に大切なことができなかったり。。

これが「まあ、このページはこれでいいか」ができるようになった気がします。

―――――――――――――――――――

◆「中途半端」はスキル^^

変な言い方ですけれど、「中途半端ができるようになる」のです。

「中途半端」って、一見ダメなようで、実は高等な技術なんですね~^^;

白でも黒でもない、グレーもあってもいいじゃん、という部分ができるんです。

「こうでなくちゃいけない」、とか、「がんばらなくちゃ」などと「自分にも人にも厳しくなってしまうタイプ」の自分にとってはいい変化だと思います。

同じタイプの方には、このプチプチ途中やめ、おすすめですよ♪